IBJが目指す未来

TOP画像
  1. HOME
  2. IBJが目指す未来
理念ミッション

『ご縁がある皆様』を幸せにする

石坂さんが笑っている画像

代表メッセージ

IBJは、婚活支援がライフデザインサポートの重要な要素であるとし、日本で最大の問題である少子高齢化に真っ向から取り組んでいる会社です。
日本の結婚カップルは年間58万組、そのうち1%以上である6,132組をIBJは生み出しており、業界のリーディングカンパニーとして確固たる地位を築きました。
その社会的貢献度やお客様からの感謝を、良い意味でのプライドとし、目の前で生まれる幸せや人生の転機を見て、社員は大いにやりがいを感じています。
そして、婚活やライフデザインサポートの仕事は皆さんが思っている以上に楽しく、知人、友人、家族にも伝えたくなる、語りたくなることは間違いありません。
日本や世界が抱える人口やパートナーシップの問題を大局的にとらえながら未来を展望し、社会的貢献度の高い仕事に仲間とともに、やりがいや楽しさをもって取り組む。
「ご縁がある皆さまを幸せにする」というシンプルな経営理念に共感してくれさえすれば、皆さんのこれまでのキャリアや経験を活かしながらIT分野、サービス分野、マーケティング分野、営業分野のほか、仕事部門が多岐にわたっている為、きっとやりたいことや向いていることが見つかります。
是非、皆さんもIBJで働くこと、仲間となっていただくことを、ひとつの候補として考えていただき、一度、お話ししませんか。お待ちしています。

株式会社IBJ 代表取締役社長 石坂 茂

女性がはぐしている画像

IBJプライド

IBJでのお仕事は、恋愛・結婚・ライフデザインなど『お客様の人生に大きな影響を与え、その実感をしっかりと得られる仕事』です。

直接的にお客様に関わっていない社員であっても、IBJでの働きが、結果としてご縁創りだすことへつながっていることに『誇り』を持っており、そのことを社内では<IBJPRIDE>と呼んでいます。

IBJの戦略グラフ

2022年、300億円企業

中期経営計画にも掲げ、全社一丸となって2022年までに売上高300億円企業を目指しています。
婚活サービスのニーズが高まり、利用者は3年で2.4倍と急増している昨今。
新たなマーケットの創造としてAI/シニア/国際結婚なども加え、今後も婚活事業や周辺領域へ戦略的にM&Aを実行し、婚活周辺領域(ライフデザイン領域)を広げる事で300億円企業を目指します。